腐女子の小説部屋

創作BL小説を綴っています。ご理解の有る方【18歳以上】のみ歓迎致します

気分は~仙台 離宮デートの後

気分は下剋上 仙台デート 21

「そろそろ、ホテルに戻りましょうか……?」
 教授職の最愛の人は妥当だが、祐樹は一介の医局員に過ぎない祐樹は国際公開手術推薦のためのオマケだったとしても心臓外科医学会の理事という肩書なので、ホテルは学会が準備してくれている。普通の配慮なのかまでは分からないのだが、同じ大学病院所属の二人は同じ階で、他の大学の理事とは階数が異なっている。二人は中座した宴会がまだ続いているかもしれないし、二次会・三次会に流れている可能性は有るが、階数が異なる点は好都合だった。どちらの部屋に二人が一緒に入って行くかまでは分からないので。
「そうだな……。タクシーではなくて、散策しながらホテルに帰りたいのだけれども……?」
 月の光に照らされた最愛の人の端整な容貌には、さんざめく星の光よりも魅惑的な煌めきを放つ眼差しがとても綺麗だ。
「そうですね。市街地なのにこんなに空気が美味しい街はそうそうないでしょうから」
 食べ終えた箱と空になったペットボトルを持って立ち上がった。
「そういえば、『呪いが廻る戦い』の登場人物の中で誰がお好きですか?」
 推しキャラとかいうらしいとオタク気質(きしつ)の久米先生に聞いたことがあるが、そういった話はしてこなかったなと思いながら聞いてみた。
「マンガやアニメではそういうことを考えたこともないけれども……」
 祐樹と同じくストーリー展開が面白いと思った番組を追い続ける最愛の人には、そういうキャラが居ないのかと思っていたのだが……。
「祐樹が扮した現代最強の呪術師だな」
 意外なことに即答が返ってきた。
「そうなのですね?ちなみにどこに惹かれたのですか?」
 道端に置いてあったゴミ箱にお菓子の残骸やペットボトルを入れながら聞いてみた。
「祐樹があの呪術師に相応しいと小児科の看護師の全員一致で推しただろう?実際に良く似ていて祐樹に惚れ直した」
 最愛の人はあくまでも祐樹が扮したことで好きになったらしい、光栄なことに。
「そうですか。それはとても嬉しいです」
 仙台では皆夜が早いのだろうか?それとも車で通勤している人が多いのかまでは分からなかったが、歩道には人が居なかった。木の葉の香りが濃い道路を二人して歩く。
「祐樹は誰が好きなのだ?」
 翡翠色に煌めく声が車しか走っていない道路に零れている。
「私ですか?ルックスの点では好きなキャラはいないです。しかし、性格とか生き方では『現代の異能』と呼ばれているキャラですね。貴方と付き合っていて、私は一見完璧に見えて実はどこか隙があるというか……。守って差し上げたいと思える部分がある人が好きなのではないかと思いました。それにずっと一途に想ってくれている人を大切にしている点もポイントが高いです。小学校の時に亡くなってしまった『婚約者』が呪霊になって憑いていても、それを許容してずっと一緒に居るというのは、なかなか出来ることではないですよね……?呪術高専に入る前にイジメを受けていた同級生を呪霊の恋人がロッカーに詰めてしまっても見放さなかった点なども良いなと思っています。ただ、あのロッカー詰めの場面で重傷を負わせたということでしたが、実際ああなったら命はないでしょうけれど、まあその点はフィクションだということで」
 隣を軽やかに歩む彼は祐樹の顔を見上げている。
「ずっと一途な人が好みなのか……」
 艶やかな声と満面の笑みが夜に咲く花の瑞々しさを彷彿とさせる。最愛の人は大学時代、光栄にも祐樹に一目惚れをしてくれて、その後笑えない誤解が有ってアメリカに行ってしまった。それでも祐樹に会いたいと想っていてくれて、凱旋帰国の話が出た時に名簿に名前が載っていることを確認した後に玉砕覚悟で日本に帰ってきてくれた人だ。まさに一途を体現しているのは自分でも分かっているのだろう。そう思わせる笑顔だった。
「……隙というのは?」
 息を詰める感じの声で聞いている。
「劇場版でのラスボスが宣戦布告をしに来た場面が有ったでしょう?当時の一年生の面々がちょうど居合わせていましたよね。他の一年生は戦闘態勢に入ろうとしているのに、一人だけ『大きな鳥』とかぼーっと見ていましたよね?そういうある意味浮世離れした点ですね」
 安堵したような笑みの花を咲かせている薄い紅色の唇が開いた。
「正確には『わー でっかい鳥』と言っていたな、漫画では」
 一度見たものは全て暗記出来るという特技を持っている最愛の人だ。
「そうでしたね。また、呪霊になってしまった婚約者とは別に同級生同士でカップルにさせようとして『胸の大きな子と小さな子のどちらが好きか?』という問いに『大きいのが好き』とか答えながらも質問の意図が全く分かっていなかったですよね?そういう、どうでも良いことには鈍感な点も好きですね」
 最愛の人は笑みを更に花咲かせていたが、多分彼が恋愛沙汰には鈍感なことは自覚していないだろう。
「『呪いの女王』に成ってしまった婚約者の女の子は恋愛対象にならないとそういう点でドライな同級生は判断したのだろうな。ただ胸の大きな同級生と良い関係になったら良いなと応援したくなる。彼女は『渋谷事変』で火傷の痕が全身に残ってしまっただろう?そういう外見だったとしてもあのキャラは気にせずに付き合うだろうなとは思った」
 そろそろ宿泊予定のホテルが近いことは何だか見覚えのあるビルや店で分かった。
「貴方の容姿も最高に好みですが、最も好きなのは……」
 ここで飛び切りの愛の言葉を紡いでホテルの部屋に繋ごうと思った。





--------------------------------------------------
二個のランキングに参加させて頂いています。
クリック(タップ)して頂けると更新のモチベーションが劇的に上がりますので、どうか宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



小説(BL)ランキング
2ポチ有難うございました<m(__)m>






本記事下にはアフィリエイト広告が含まれております。















【送料無料 接触冷感 マスク 4枚セット】洗えるマスク 布 洗える 飛沫対策 花粉対策 大人用 男女兼用 無地 立体 ゴム調節可能 ひんやり マスク 接触冷感 マスク 送料無料 冷感 マスク 夏用マスク 黒 ブラック グレー ピンク 桜色 ブルー ホワイト

価格:880円
(2020/6/30 00:51時点)
感想(757件)


















































腐女子の小説部屋 ライブドアブログ - にほんブログ村




PVアクセスランキング にほんブログ村









気分は下剋上 仙台デート 20

「TNT爆薬というのが最も破壊力が大きいとどこかで読みました。あれなら大正時代にもあったと思いますが、タイミング良く爆発させるのは難しいですね。少しの衝撃で爆発まではしないらしいですし……。そういえば、狭心症に劇的に効くニトログリセリンはダイナマイトの原料ですよね?『ニトロの舌下錠って爆発しないですか?』と患者さんに真顔で聞かれた記憶が有ります」
 彼は清浄な光を宿す眼差しに紅の花のような笑みを混ぜている。
「原料が同じなだけでそういう誤解も有るのだな……」
 彼のしなやかで細い指は祐樹の指の付け根を微細な動きで上下させていてとても気持ちが良い。皮膚が薄い部分は性感帯なのでそう(・・)いう(・・)お誘いなのかなと思うと心は薔薇色に弾んでしまう。
「ホテルに帰りますか?」
 彼は意外そうに目を瞠っている。もしかして無意識の動作だったのかも知れないなと己の性急さに思わず笑ってしまう。
「もう少しだけ祐樹とこうして綺麗な星空を見て話がしたい、な」
 星よりも綺麗な煌めきを放つ彼の眼差しに見入ってしまう。そして夜に咲き誇る薄紅色の花のような唇にも。
「分かりました」
 念のために周りを見回した後に触れるだけのキスを落とした。物理的にも精神的にも二人の周りの空気が華やいだ気がしたし、唇がとても甘いのは先ほどのお菓子のせいだろう。
「では爆発の話を続けましょうか?」
 客観的に色気のない話であっても月や星の明かりの下の夜の静寂(しじま)で二人きりで交わす言葉は何だか全てが甘やかな睦言のように感じてしまう。彼の頭の重みが肩に掛かって気持ちが良い。
「爆薬を用意することはお館様の財力や権力が有ったら容易だろうな……」
 怜悧で楽しそうな声がごく近くで聞こえるのも親密な感じだ。
「そうですね。死刑囚を無罪放免に出来るなんて権力がなければ出来ないでしょうから。鬼の始祖を倒す悲願を持った一族でしょうが、そのためにはお金も掛かりますよね。一般隊士の給料が当時の大卒の初任給程度だったみたいです。最上位の()ともなれば言っただけの報酬が貰えるみたいです。その点は羨ましいですが常に命の危機に晒されているのであればそれも当然かもしれません。しかし、言っただけのお金を貰う(ほう)は良いですけれども、払う側に立てば大変だったでしょうね。と言っても、滅茶苦茶な金額を請求する()は居ないようにも思いますが……」
 雄弁な細い指が「同感」と告げている。
「平安時代から続く家柄だったら間違いなく華族に叙されているだろうな。何しろ『先見の明』の持ち主なので例えば幕末にはどちらに付くと良いとか当然分かっただろうし」
 最愛の人の楽しそうな声は祐樹にとっては癒しだ。
「絶対に幕府側に味方しなかったでしょうね。戦国時代から江戸時代にかけては徳川家康に味方すれば優遇されたでしょうね。征夷大将軍という役目というか実権を与えるのは天皇ですし、その相談役として有能だったと思いますよ」
 その程度の日本史の知識は大学受験で学んだ。
「それに将軍の正妻でもある御台所(みだいどころ)は公家の家柄なので紛れ込ませることは可能だろうな。一族から鬼を出してしまったという呪いのせいで長生きが出来ない家系だそうだけれども、13歳までに結婚して姓が変わった女の子は長生き出来たらしいな。その結婚が徳川家という可能性も充分あり得る。だったら江戸時代には手元(てもと)不如意(ふにょい)だった公家の中でも御台所になった一族の女性が居ればそこからの資金援助は可能だっただろうし」
 静謐な声が夜の闇に弾んでいる。
「その通りですよね。爆薬を、ここぞという時に爆発させる技術が問題ですよね。鬼の始祖を巻き込んでの自爆という作戦は最強隊士以外には知らされていなかったので、他の柱は無関係だったかと思いますが……。ただ片目と腕を失って引退した()は爆発物の取り扱いの知識も持っていましたよね。彼にさり気なく聞き出すとか、不自然ではない口実を設けてアドバイスを貰うということは可能だと思います。あ!あの屋敷には『四人しか人間()居ない』と鬼の始祖も言っていました。ということは人間以外、ノーカウントですよね。(からす)やスズメが人語を(かい)すことが出来る世界線ですし、特に鴉は会話出来ますよね。そして、使役しているのは鴉やスズメだけではなくてムキムキネズミを引退した()が使っていました。爆薬のことを聞いた時にネズミを貸して欲しいと言ったのかも知れないですね。『遊郭編』では黄色い髪の隊士の刀をちゃんと運んでいたので意思疎通は可能だったと考えます。もしかしたらそのネズミが着火役を引き受けたのかも知れないですね」
 思い付いた考えをつらつら述べてみる。
「なるほど!そういえば協力者の鬼の勧誘に来た鴉も『訓練を受けてはいるとはいえただの鴉、そもそもそこまで警戒されない』と言っていた。偵察役を担っていた琵琶の鬼の目には隊士が鴉を連れていることは分かっただろうから鬼の始祖も鴉は認知していただろうが『遊郭編』の時に助力しただけのネズミはノーマークだっただろう。祐樹、流石だな」
 感心したような声が夜の静寂(しじま)に煌めいているようだった。



--------------------------------------------------
二個のランキングに参加させて頂いています。
クリック(タップ)して頂けると更新のモチベーションが劇的に上がりますので、どうか宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



小説(BL)ランキング
2ポチ有難うございました<m(__)m>






本記事下にはアフィリエイト広告が含まれております。





















































腐女子の小説部屋 ライブドアブログ - にほんブログ村




PVアクセスランキング にほんブログ村










気分は下剋上 仙台デート 19

「死滅回遊魚な……」
 祐樹の肩に(もた)れ掛かった首を少しだけ上げた最愛の人は夜目にも澄んだ瞳を祐樹に向けた。地元の京都では定番のデートコースでもある鴨川の河川敷で、四条大橋から遠い場所でもこれほどの積極性は見せてくれなかったので何だか嬉しい。
 東北という場所のせいかいつもは抑えている気持ちが発露されたのかも知れないなと思う。ちなみに四条大橋から見下ろせる河川敷には付き合って浅いカップルが座って川面を眺めたり会話を交わしたりしている。しかし、親密度が増すにつれ奥に行くというジンクスがあった。当然祐樹と最愛の人は大橋が見えない所で親密な時間を過ごしていた。熱烈に愛し合っているというのも勿論なのだけれども、少数派の性的嗜好を持っている二人なので人目を憚る必要があったからだ。ホテルの客室以外で彼がこういう愛の仕草をするのも珍しいので祐樹に笑みを浮かべて、彼と絡めた眼差しも愛おしさと優しさを込めたモノになっているハズだ。
「浜田教授に聞いたのだが、アニメ化するマンガの原作者は作品だけを渡してアニメにはノータッチというタイプの人も居る。ある程度でき上った時に監督さんや主役を務める声優さんに挨拶に行って会話して終わりという程度らしい。その反面、原作者が脚本とか今後の物語がこうなっていく予定なので宜しくと言ったり脚本をチェックして書き直しを要求したりする人も居るらしい。『呪いが廻る戦い』は後者なのではないかと個人的には考えているのだけれども……?」
 視線をごく近くで絡ませて彼がお菓子を食べるために離した指を根元まで繋いだ。盆地の京都では湿度が高いのだけれども、さらりとした風が心地よい。しかもその風に爽やかな柑橘系の香りが混じっているからなおさらだ。
「アニメ1期から死滅回遊魚を意味ありげに描いたのですから、作者の意向は入っていたのでしょうね。実写の映画やドラマでは原作者の意図を汲む作品は少ないように思われます。例えば『白い巨塔』の何回目かのドラマだか忘れましたが、主人公の死因が胃がんではなくて、煙草の吸い過ぎと思しき肺がんになっていました」
 夜空にさんざめく星の光よりも綺麗な目が祐樹だけを見ている。
「私も嫌煙運動の一環ではないかと勘繰ってしまった、な。ガンには色々な要因が重なって起こるのだが、一般的には肺がんは煙草の吸い過ぎで、胃がんはストレスだと流布しているからな……。しかも医大時代に親友だった内科医に『煙草は体に良くないので止めろ』と言われているのが伏線になっていたと感じた。あんなに過酷な教授選を勝ち抜いたりとか医療過誤裁判の被告になったりと義理の父の悲願と独自の野望で心労も凄まじいものが有ったと思うので、原作通り胃がんで良いのではないかと思った、な。後は祐樹も知っているAi(死亡時画像診断)推進のために論文を書いても無駄だと推理小説を書いた病理医の先生の第一作が映画化される時に小説では男性だったのを女優さんが演じていたな。男性だと都合の悪いことなど何もないというのに。原作の改変はドラマや映画の(ほう)が多いのではないだろうか」
 驚異的な事務処理能力の賜物で定時に上がってドラマやテレビで放映される映画を観る機会が多い最愛の人の(ほう)がテレビの視聴時間も多い。と言っても家事をこなしながらテレビに1割程度の集中力を割り振っている程度だと聞いている。
「やはりそうですよね。スポンサーの意向もあると週刊誌で読みました。例えば自動車会社がスポンサーになっているドラマで交通事故死はダメだそうです。また、有力な芸能事務所が『どうしてもこの俳優を使うなら売り出し中の女優さんも抱き合わせ(バーター)で使って欲しい』と強硬に言って来ることもあるみたいですね。……それはそうと次回の学会はどこで行われるのでしょう……?愛する貴方と出席するだけで充分過ぎるほど幸せですので正直場所はどこでも良いのですけれども、ね」
 白い花のような端整な顔が薄紅色に染まった。「愛している」は数えきれないほど告げているにも関わらず彼の精神は無垢なままなのも嬉しくて愛おしい。祐樹と濃厚な夜を重ねて肢体は淫らに花開いたというのにそのギャップが素敵すぎる。
「旧帝大で持ち回りということだったな。北海道大学はここと距離的に近いので……次は九州大学とかだろうか?尤も根拠はないのだけれども」
 他愛のない話でも身体を密着させて視線を絡めつつ語り合っているだけで熱烈に愛し合っている恋人モードになることが出来る。
「九州といえば『呪いが廻る戦い』死滅回遊編では桜島結界(コロニー)が有りましたよね。『鬼退治アニメ・劇場版』の実質的な主役と同じ声優さんが演じている登場人物が『命を燃やせ』と言って戦っていたので、てっきり死亡するのかと思いきや意外な結果になりました」
 首を(もた)げた彼の唇が花のように笑んでいる。
「それは同感だ。『鬼退治アニメ』で鬼の始祖をおびき寄せたお館様の屋敷の爆破、いや妻子共々の自爆なのかもしれないが、話し終わったタイミングで爆破しただろう?大正時代に時限爆弾はなかったし、死を覚悟したお館様とその妻子もなんら不審なことはしていない。だったらあの爆発はどうやってあんなに都合よく爆発したのか不思議だな……」
 怜悧な声が夜の静寂に甘く響いている。





--------------------------------------------------
二個のランキングに参加させて頂いています。
クリック(タップ)して頂けると更新のモチベーションが劇的に上がりますので、どうか宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村




小説(BL)ランキング
2ポチ有難うございました<m(__)m>






本記事下にはアフィリエイト広告が含まれております。





















































腐女子の小説部屋 ライブドアブログ - にほんブログ村






PVアクセスランキング にほんブログ村



気分は下剋上 仙台デート 18

 公立の高校は詳しくは知らないけれども、全国で同じ仕様になっているのかもしれない。 と言っても祐樹の通った高校しかサンプルデータはないので定かではない。 最愛の人も公立高校を卒業しているので聞いてみようかとも思った。 自転車が遠ざかっていくと彼の頭が元通り祐樹の肩に載せられて柑橘系のコロンの香りと心地よい重さが気持ち良かったので雲散霧消してしまった。
「素朴な疑問ですか? それは一体何ですか? 仮説は立てることは出来ますが京都に帰ってから内田教授や浜田教授と四人で語り合った
(ほう)が精度も高い結論が出ます。 といっても本音は貴方とこうして語り合っている時間が大好きですけれども……」
 同じ好みを持った内田教授や浜田教授と「難しいことは抜きにして趣味の話をしましょう」という趣旨の呑み会も楽しいことは楽しいが、医療従事者に寄り添った病院改革を目指している内田教授は浜田教授の歓心を買いたいという意図も当然あるだろう。 次期病院長選挙では最愛の人を推してくれる予定なのは病院の看板の教授だからという理由と、彼がアメリカから凱旋帰国したことが切っ掛けで密かに目論んでいた医局内クーデターに背中を押して貰ったからという義理堅さだ。
「鬼は日光に当たるか鬼狩りの持つ特殊な刀で首を斬られない限り死なないという設定だろう?また、睡眠も必要ないとも書いてあった。 鬼狩りと太陽の光さえ避けていれば不老不死を約束されている。 鬼狩りに見つかって首を斬られるのは力の弱い鬼なので、上弦の鬼や鬼の始祖が「柱」に首を斬られることはないほど強いのだから強い鬼なら恐れずに足らないだろう? 問題は日光だけれども夜に自由に出歩けるのだから、昼は日の当たらない場所で大人しくしていたら命は保障されると思うのだけれども?」
 そういう考え方もあったのかと内心で瞠目した。
「貴方が仰る通りですよね。 日の光さえ避けていたら事実上は身の安泰を図れます。 しかし、鬼の始祖は完全な生物になるということを目標にしていましたから日光の下でも自由に行動することに固執していたのではないかと思います。 過去回想で鬼の始祖の人間時代が描かれましたが、服装や住んでいる屋敷から貴族階級なのは間違いがないですよね。 プライドも高かったと思います。 そういうプライドの高い鬼の始祖が日光を浴びると死んでしまうというのは耐えがたい屈辱だったのでしょう」
祐樹の肩に載った最愛の人が弾むような笑みを零している、夜に咲き誇る花のような鮮やかさだった。
「『青い彼岸花』という試作段階の薬を服用させて結果が出る前に善良な医師を薬効が出ないという理由からカッとなって殺してしまったのも明らかに失敗だろうな。短気にも程があると思っていた。 あの医師を殺さなければ青い彼岸花の生息地も聞いたら教えてくれただろうに……」
 夜の
静寂(しじま)に可笑しそうな笑い声が煌めいては溶けていく。 京都とは異なって清浄な空気のせいか星も良く見える。
「あれは最大の
やらかし(・・・・)だとされていますね。 日光を克服して昼間も行動出来るようになるのが『完璧な生物』になりたいというプライドだったのではないでしょうか…… 上位の貴族だったならその矜持(きょうじ)の高さにも納得です。 話は変わりますが、貴方は『呪いが廻る戦い』一期で主人公が地下鉄に乗っていながら浸水しているという場面について先ほど仰っていましたよね?」
 持って来たお菓子もとても満足して食べ終えたし、そろそろ次の場所に移動したい。 祐樹は最愛の人ほど記憶力が良くないので呑みに行ったら忘れ果ててしまいそうな気がした。
「主人公の足元に一匹の魚がさり気なく描かれていただろう?」
 最愛の人は祐樹の指を愛おしそうに繋いでくれている。 そうだったかな? と内心思いながらも彼の卓越した記憶力に全幅の信頼を置いている。
「あの魚はタテジマキンチャクダイと言って死滅回遊魚の一種だ」
 一応大学受験の時に生物も勉強した記憶が有るが、既に忘却の彼方だ。
「アニメの渋谷事変で次は死滅回遊編だと言われていますが、死滅回遊魚というものが居るとは存じませんでした。具体的にどういう魚なのですか?」
 最愛の人の艶やかで怜悧な眼差しと祐樹の視線を絡ませた。 アニメの話をしているのだけれども、お互いの揺るぎない愛情を確認出来てとても嬉しかった。
「死滅回遊魚というのは、台風などが原因で本来生息している海域から海水の温度が高かったり低かったりする場所に運ばれてしまう魚をいう。もちろん生きてはいられないという過酷さだ。 1期の時は呪力を持たない主人公が無理やり環境の変化があっただろう?」
 怜悧かつ艶やかな声が耳に心地よい。 そして仄かに薫るコロンも祐樹の幸せの具現化のように思う。
「史上最強の術師の指を勢いで食べてしまったせいで呪力を得ましたが、本来は一般人として生きていくハズの主人公でしたから、環境の変化は確かに有ったと思います。しかし『渋谷事変』の後は『死滅回遊編』ですよね? それを1期の時点で暗示していたのでしょうか?」




--------------------------------------------------
二個のランキングに参加させて頂いています。
クリック(タップ)して頂けると更新のモチベーションが劇的に上がりますので、どうか宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



小説(BL)ランキング
2ポチ有難うございました<m(__)m>



本記事下にはアフィリエイト広告が含まれております。
生クリーム大福 喜久福 4種 詰合せ(8ヶ入)【冷凍 ひんやり スイーツ 和菓子 お菓子 お返し ご挨拶 詰め合わせ プレゼント 贈答 個包装 仙台 お土産 宮城 老舗 内祝い 出産祝い プチギフト 退職 新生活 ギフト セット 】
生クリーム大福 喜久福 4種 詰合せ(8ヶ入)【冷凍 ひんやり スイーツ 和菓子 お菓子 お返し ご挨拶 詰め合わせ プレゼント 贈答 個包装 仙台 お土産 宮城 老舗 内祝い 出産祝い プチギフト 退職 新生活 ギフト セット 】































































腐女子の小説部屋 ライブドアブログ - にほんブログ村




PVアクセスランキング にほんブログ村




気分は下剋上 仙台デート 17

 彼が祐樹の肩から頭を上げたと同時に自転車のライトと思しき光が近づいて来た。この近くの住民だろう。最愛の人が軽やかに立ち上がって祐樹との距離を友達のパーソナルスペースに戻す。幾ら「多様性」が重視されていると謳われている現代でも男性二人が密着して座っていれば奇異の眼差しで見られるのを危惧しているのだろう。
 最愛の人は箱を開けて弾んだ様子で月明かりに照らされて(あお)い指を彷徨(さまよ)わせている。祐樹はずっとその美しい指としなやかな動きを見ていたかったけれども断念してスマホのライトで照らした。
「抹茶と生クリームが残っているが、祐樹はどちらを食べる?」
 彼はもちろん祐樹の好みを知悉(ちしつ)しているのにいちいち聞いてくれる点も愛らしい健気さに満ちている。
「抹茶味ですね」
 残り少なくなった箱の中からライトに照らされた指が「抹茶」と書いたパッケージを選び出して器用に中身を出した。
「抹茶がどこの産地か分かりませんが、宇治の抹茶かもですね。貴方も召し上がって確かめてみますか?」
 ほうじ茶もそうだったが、さほど甘くはないのがこのお菓子の特徴らしい。それよりも「ずんだ」の粒が残っていたりほうじ茶の香り高さを味わうように仕上げていたりいる。抹茶の産地が具体的に何か所あるか知らないが宇治は全国的に有名だ。
「そうか?では二割ほど貰うことにする」
 器用な指が正確に2対8にお菓子を切り分けてくれた。中に入っている抹茶らしき緑色も包丁で切ったように綺麗だ。その綺麗な指で食べさせて欲しいなと思ったが自転車が近づいて来るので断念した。
「有難うございます。現代最強の術師は下戸(げこ)で甘いモノが大好きという設定なのに、このお菓子はさほど甘くないですね。実際に食べる前はもっと甘いのかと内心ドキドキしていましたよ。抹茶味も(まろ)やかな苦みがとても美味しいです。餡子(あんこ)とも良く調和しています」
 最愛の人も祐樹の隣で口を動かしている。
「そうだな……。何となくだが東北のお菓子はもっと甘いのかと思っていた。京都の和菓子が最も繊細な味だと思っていたのだけれども、見た目はともかく味は京都の和菓子を彷彿(ほうふつ)とさせる……。ああ、だだ『ずんだ』の粒々は京都の和菓子だと珍しいかも知れない、な」
 そういえば京都の和菓子は手が込み過ぎているような気がする。原材料をそのままにしておくという習慣がないのだろう。祐樹は和菓子を食べる習慣があまりないけれども医局に患者さんからお菓子の差し入れが有って皆で食べた覚えがある。柿の味は確かにしたけれども、最愛の人が作ってくれる干し柿とか活きの良い果物としての柿とは異なった味だった。二人の後ろを自転車が通り過ぎて行った。大ヒットアニメなのでいわゆる「聖地巡り」をする人も多いのだろう、怪しんだ様子はなかったのが幸いだった。冬に「鬼退治アニメ」の主人公が最終選別に行く試練として岩を斬った、モデルの岩を見に行った時もいかにもアニメファンといった人がたくさん居た。
「祐樹、生クリーム味も食べるか?」
 彼の紅色の弾んだ声が夜の闇を一瞬だけ照らすような感じだ。
「お気持ちだけ頂いておきます」
 祐樹よりも彼の(ほう)が甘いモノが好きなので存分に味わって欲しかった。
「そうそう、祐樹ほどではないが『鬼退治アニメ』で不自然に思ったことがあるな。鬼の始祖が主人公達の所属する『鬼狩り』のリーダーの家に単独で押しかけて来たのは何故なのだろうかと。戦力は多いほど良いので、上弦がまだ三体も残っているのだから一緒に来ても良さそうなものだと思った……」
 夜目にも白い顔が何かの花のように咲き誇っている。そして生クリーム味を薄紅色の唇に入れているのも蠱惑的な眺めだった。スマホのライトは消していたので月明かりと遠くの街灯だけが光源で何だかとても幻想的な雰囲気を纏っている。
「確かにそうですね。基本的に鬼が群れることが出来ないという設定が有りますが、鬼の始祖の許可が有れば共闘は可能でした。最初の(ほう)の矢印鬼と手毬(てまり)鬼がその好例です。『刀鍛冶の里』では主人公達が上弦二体と戦っていましたが連携はしていませんでした。癖の強すぎる鬼二体なので共闘する気はなかったのかもしれないですよね。性格も違い過ぎましたし。鬼の始祖は誰も信じていないが故に一人で来たというのが正解っぽいですけれども……、主人公の妹が太陽を克服したという知らせにハイテンションになってその勢いで来たという線も捨てがたいですね。貴方はどちらだと思いますか?」
 ペットボトルのお茶を飲みながら聞いてみた。
「単独行動が好きそうな登場人物だけれども、生きることのみに執着している鬼だろう。だから間違っても命を落とすのは避けたいはずで……、しかも初めて太陽を克服した主人公の妹が居る今は物凄く喜んでいたので、勢い余って来てしまったのかなと思っていた。それはそうと素朴な疑問なのだけれども」




--------------------------------------------------
二個のランキングに参加させて頂いています。
クリック(タップ)して頂けると更新のモチベーションが劇的に上がりますので、どうか宜しくお願い致します!!

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ
にほんブログ村



小説(BL)ランキング
2ポチ有難うございました<m(__)m>






本記事下にはアフィリエイト広告が含まれております。


生クリーム大福 喜久福 4種 詰合せ(8ヶ入)【冷凍 ひんやり スイーツ 和菓子 お菓子 お返し ご挨拶 詰め合わせ プレゼント 贈答 個包装 仙台 お土産 宮城 老舗 内祝い 出産祝い プチギフト 退職 新生活 ギフト セット 】
生クリーム大福 喜久福 4種 詰合せ(8ヶ入)【冷凍 ひんやり スイーツ 和菓子 お菓子 お返し ご挨拶 詰め合わせ プレゼント 贈答 個包装 仙台 お土産 宮城 老舗 内祝い 出産祝い プチギフト 退職 新生活 ギフト セット 】
































































腐女子の小説部屋 ライブドアブログ - にほんブログ村




PVアクセスランキング にほんブログ村








このブログには
このブログにはアフィリエイト広告を使用しております。
Twitter プロフィール
創作BL小説を書いています。ご理解の有る方のみ読んで下されば嬉しいです。
最新コメント
アニメイト
ギャラリー
  • 有難うございます!
  • 有難うございます!
  • 遅ればせながら
  • お詫びとかお知らせとか
  • Happy New Year!
  • 気分は下剋上 クリスマス編 3 (2023年)
  • 有難う御座います~!!
  • 気分は下剋上 クリスマス編 2 (2023年)
  • 気分は下剋上 クリスマス 1 2023
人気ブログランキング
にほんブログ村
カテゴリー
資産運用
楽天市場
  • ライブドアブログ