イメージ 1

 先程よりも少し大きな動きで突き上げた。胸のルビーもきつくひねった。素肌に約束の刻印を残そうと無駄なあがきを試みる。
「ああっ……。もっとっ……」
 祐樹の腹部に彼の熱の先端から止め処なく零れている雫が淫らな模様を描いている。素肌に感じる彼の欲情と愛情の熱い象徴もとても気持ちが良かったが。
 幾分華奢な平たいウエストのラインを指で辿って、両手で腰をしっかりと掴んだ。祐樹だって切羽詰まっていて花園の奥処に真珠の熱い迸りを早く放ってしまいたいのを必死で耐えている最中だったが。
「聡が……動いて……下さっても……良かったの……ですが。私の動きの……方が……お好み……ですか。
 いったん……抜きますので……怪我を……しないようにだけ……気を付けて」
 汗で滑る腰を慎重な動きで持ち上げた。
 祐樹を精妙な動きで包み込んでいる花びらが一斉に引き止める動きをキツく弱く開始する。
「あっ……ゆっ……祐樹……ソコがっ……」
 祐樹の手でしっかりと掴まれた彼の肢体が――もちろん彼の腕でも祐樹の肩に捉まっていたが――宙に浮く。
 白く薄いウールはすっかり汗の雫で濡れて肌の紅さを余すところなく見せてくれる。特に硬く尖った小さなルビーは淫らな煌めきを放っている。
「ああ、聡の……花園の……蕾も……いっそう……硬く……なって……いますね……。
 だた……大きな……動きが……お好み……でしょう」
 彼の甘く薫る肢体を持ち上げたままで、腰を大きく上へと突き上げた。
「ああっ……とてもっ……」
 一気に奥処まで貫くと濡れた肌が重なって立てる愛情の濡れた旋律が部屋の中をキラキラと紅色に染めていくようだった。
 小さい甘い声が部屋の湿度と紅色をさらに濡らしていく。
 悦楽に仰け反る艶やかに濡れた肢体が淫らなルビーの形をより露わにする。
「聡の……花びらは……とても……気持ちが……良いです。あと……二回……程度でっ」
 花園の中にずっと留まっていたい衝動を抑えて腰を引いた。彼の極上の花びらは男にとっては魔性の場所でもある。
「う……ん。私もっ……」
 確かに彼の欲情の象徴も白い蜜を放つ寸前の硬さにまで育ちきっている。
「ああっ……悦……いっ」
 下から突き上げると、深く絡んだお互いの濡れた肌が立てる音と共に満開の八重桜のため息を思わせる艶やかな声が小さく響いた。
「私も……最愛の……聡の……花園の……極上さの……虜です」
 肩に縋った手によりいっそうの力が加わった。彼の方もそろそろ限界を迎えようとしているらしい。
 ただ、その弾みで彼の匂いやかな肢体が少し浮き上がった。若木のしなやかさで反った拍子に鎖骨に咲かせた紅い情痕が汗の細かな雫に濡れていたり、胸の二つのルビーが薄いニット越しにも関わらず淫らな煌めきを放っていたりするのは絶景だったが。
 最愛の彼の中で迎える目眩めく絶頂を少しでも長引かせようと数式でも考えようかとした瞬間、森技官のアドバイスを思い出してしまう。
 一回花園のしどけなく開いた門から祐樹の愛情の象徴を退かせる。
「ゆ……祐樹っ」
 肩に爪を立てられるのも気持ちが良い。
 腹部に当たる彼の先端から蜜を零し続けているモノも放出の予感に震えている。
「ええ……今……聡が望んで……下さる……モノを……差し上げます……よ」
 先程よりも大きな動きと強い力で花園へと押し入った。
「ああっ……も……うっ」
 彼の肢体が白い蜜の放出に備えて強張っているのも魅惑にとんでいる。
「私……もっ」
 祐樹だけに許された花園の奥処に熱い真珠の迸りを放った。当時に腹部に白い蜜の迸りでしとどに濡らされていくのも気持ちいい。
 芯を失った花のような肢体が祐樹の素肌に凭れかかってくる。
 熱い息を零しながら「愛しています」と素肌に刻印を刻めれば良いと思いながら伝えた。
「私も……愛して……いる……
 とても……悦かった……。それに……この交わりの……形は、祐樹を深く……感じられて……とても好きだ……」
 上体を起こしたままの祐樹の耳に甘く艶やかな声と熱い息吹が紅色に濡れて滴っているようだった。
「最愛の聡が悦んで下さって何よりです。聡の花園はいつまでも留まって居たいほど、極上です、ね」
 行為の余熱を愉しむように、紅く染まった素肌を指と唇で辿った。
「ああ、留まっていて欲しい。私の身体の中で……祐樹を感じている……時間が一番……好きだから……」
 紅く染まった素肌に鎖骨が綺麗なラインを描いて浮かび上がっている。そしてその下には硬く尖った紅いルビーが慎ましやかに存在を主張していて。
「普段の聡も怜悧で端整でとても愛していますが、愛の交歓の後の聡の色づいた肢体は、甘く濡れた表情や艶やかに色づいた素肌で……唇で辿らずにはいられません」
 鎖骨の情痕を甘く噛んだ後に、唇で刻印を刻んでいく。小さく咲き誇った紅い愛情の証しの花たちが汗の雫をまとって瑞々しい色に染まっている。
 滴る汗の雫で重さを増したサマーウールに包まれた上体がしなやかに反った。
 その動きを利用して、襟ぐりの深いニットの素肌部分をさらに露わにした。
「ああ……。祐樹っ……全部……脱がせて……欲しいっ。素肌全部で……祐樹を……感じたい……」
 胸の尖りをいつもよりも少し強く噛んだ後に舌全体を使って悦楽に甘く淫らに尖った煌めきをさらに光を増すように動かしていると、繋がったままの祐樹を熱く濡れたシルクの花びらが強く緩くヒタヒタと包み込んでは妖しく動く。
「いいですよ……素肌の聡も最高に色っぽいですから」
 本当は愛の行為の刻印を一つでも多く滑らかな肌に残したい一心でそう告げた。
「布越しでは……なくて……直接……祐樹の歯で……甘く……噛んで」
 濡れたサマーウールも彼の極上の花園のように素肌に貼りついていて脱がせにくかったが、苦労して肌を露わにする手順こそ最愛の彼に対する情熱と愛情の証しのような気がした。
 もちろん、彼も小刻みに肌を震わせながら協力してくれたが。
 紅く染まった綺麗な上半身が祐樹の目に一際艶やかに映った。鎖骨の上の情痕も小さな情熱の紅さで咲き誇っている。
「とても、綺麗ですね。ところで、ココ」
 汗の雫で濡れた彼の背中に手を回して固定した上で胸の尖りを強く噛むと肢体が跳ねた。
 その若木のように撓む背中を抱きすくめて舌全体で強く絡めてから唇で挟んだ。
「ああ……ゆ……祐樹っ……愛して……いるっ。もっと……」
 艶やかな声を紡ぐ唇も、そして祐樹の愛情と欲情の証しを包み込んでいる場所も感じている様子を全く隠さない大胆な動きをさらに強めた。
「ええ、聡がお望みなら……。
 真紅に染まって硬く尖った胸の尖りも最高に愛らしいのですが、こんなに綺麗で清楚な形と、紅色に染まった愛の色を素肌が覚えているのは、何日くらいなのですか……?」
 ピンと尖った愛らしいルビーの煌めきは――快楽を感じている今でなくとも何らかの拍子で尖ることがあることも知ってはいたが――ともかく祐樹の歯で強く噛まれている右の尖りと、指でだけ愛した左とでは色が当然異なっている。
 淫らな刻印は多い方が望ましいし――忌々しいがこれも最愛の彼の身を守る一つの手段だとアドバイスされた今となってはなおさら――祐樹だって彼の素肌を毎日見ているわけではないので、彼自身に確かめるしかないだろう。
「三日程度だが……。どこかに……擦れて……甘い疼きを……持て余す……のは」
 三日間も紅く淫らに尖った胸の尖りの甘い熱が持続すると聞いて、少し安堵した。
 唇を彼の右手へと移動させた。
「衣服で隠れるところにしか……私の唇の痕を残しません。極上の磁器のように滑らかで白い肌に……私の愛の刻印を刻んでも……構いませんか……?」
 こういう時には同じ職場で働く強みを強く感謝した。手術着は意外に露出度が高いことも祐樹も知っている。患者さんの病室に行く時にはスーツの上に白衣を着ているので、素肌の露出は極めて少ないのも。
 祐樹などは手術着に着替える時は手術スタッフの目があるが、彼の場合は教授専用の個室が用意されているので、誰の目にも触れないことも。


ーーーーーーーーー

諸般の事情で途中で切れてしまっていた『気分は、下剋上』《夏》ですが、旧ブログに跳んで読んでください!と申し上げるにはあまりにも長いのでこちらに引っ越しします。
『前のブログで読んだよ(怒)』な方、誠に申し訳ありませんが何卒ご理解とご寛恕くださいませ。










何だか長くお休みを頂いている間にYahoo!さんにも日本ぶろぐ村にも仕様変更が有ったらしく、メカ音痴な私はサッパリ分かりません(泣)


一番下の『ぶろぐ村のランキング表示』はPV専用のようで(泣)せっかくクリックして下さってもポイントは入らないようです。一番確実なのは『文字をクリック』のようですので、ポチっても良いよ!と思われた方はそちらから是非お願い致します!!更新の励みになります!!